ドコモと保険とクロッシー!!

防犯意識とアルソックとセコム

防犯についてのプロフェッショナルであるセコムやアルソックを解説します。
  • HOME

防犯に対して高い意識を持つには?

近年では犯罪の低年齢化や無差別殺傷などの事件がテレビのニュースにてよく目にする機会が増えてきました。

日本は海外と比べると治安が高いとは言われてはいますがこれから万が一が起らないとも限りませんのでそんな事態を想定して防犯に対する意識を高めておきたいところです。

ではどうすれば防犯の意識を高めることができるのかが疑問となる部分ですがまずは危機感を持つことが重要であるとされています。

もしかすれば他人事であった冒頭でも述べたようなニュースの被害者が自身にこれから及ばないとも限りません。

そこで利用したいのが各種防犯グッズとなります。

こうした防犯グッズを持っておくことで万が一のトラブルにも対処することができるようになりますので様々な事態を想定しそれに対する危機感を持って準備を怠らないようしておきたいところです。

やはりトラブルに見舞われる際には自身が独りの時であるケースが多いために単独でも自己防衛できるような対処法も合わせて知っておくとよいでしょう。

現在において日本人は防犯に対する意識が低いと言われていますのでトラブルを避けるためにも皆さんも気をつけるようにして下さい。

アルソックの会社概要

日本における警備会社と言えばセコムを連想する方も多いかと思いますがもう一つ綜合警備保障の存在もご存知かと思います。

そんな名前は聞いたことが無いという方も中にはいるかもしれませんがこれは正式名称となっており比較的昔であればこの名称が広く使われていましたが現在ではアルソックと呼ばれるのが一般的となっているようです。

アルソックという名称であればテレビのコマーシャルにて聞いたことがあるという方も多いかと思います。

そんなアルソックは1965年に設立されその名前の通りに多方面に渡る警備などを主な事業としていますが特に金融機関における警備に強いとされています。

以前までは綜合警備保障の名から略されたSOKという名称が使われていましたが2003年に改正が行われ先でも述べたように今ではアルソックという名称が広く知れ渡っています。

最近ではホームセキュリティでも高い知名度がありますがその他の事業としてオンラインショップを展開しており各種防犯グッズを販売していますので興味がある方は一度ご覧になってみて下さい。

その他にも社会貢献活動として防犯の講義や防犯セミナーの開催なども行っています。

セコムの会社概要

多くの方がセコムという名称を一度は耳にしたことがあるかと思います。

セコムと言えばホームセキュリティの代表的存在であり現在でもテレビのコマーシャルなどが展開されているためにホームセキュリティと言えばセコムを連想する方も多いのではないでしょうか。

セコムの企業としての歴史は1962年に創業され主に警備関連の機械化ならびに皆さんご存知であるホームセキュリティを主な事業として展開し現在に至っています。

もちろん国内にはセコム以外にも警備会社は存在していますがセコムのより優れた点として非常に大規模であるという点があります。

これはあらゆる面において言えることで例えば全国における拠点数は3,000近くもありもちろん国内最大規模となっておりそしてホームセキュリティのジャンルでは当然ながら業界一位となっていますが二位の企業と比較すると時価総額が7倍も離れているという正に大企業とも言える警備会社となっています。

また国内だけでなく海外にも進出しており21の国と地域にて事業を展開しています。

現在ではその知名度の高さからネットオークションにて偽造ステッカーが販売されたりするトラブルも発生しているようです。

セコムとアルソックの比較

ホームセキュリティと言えば皆さんテレビのコマーシャルにてセコムやアルソックといった名称を目にしたことが一度はあるのではないでしょうか。

むしろこの二社こそが最も知名度の高いホームセキュリティと言えますがもしかすれば現在ホームセキュリティを導入しようかと考えている方も中にはいるかと思います。

そこで頭を悩ませる事案としてこの二社のうちどちらを選択すべきなのか、どちらがより優れているのか迷ってしまう部分が出てきます。

ホームセキュリティということで当然ながらより優れている方が安全安心を得ることができると言えますがやはりどれほどの料金がかかってくるのかも気になるところではないでしょうか。

料金について両社を比較してみるとより安価であるのがアルソックとなります。

もちろんプランの内容によって最終的にかかってくる料金は上下することになりますが全体的な部分を見てみるとセコムがやや高めの価格設定となっていることがわかります。

ではなぜセコムの料金は高いのかというとそれは補償制度を採用しているためで万が一なんらかの被害が出てしまった場合には保険金を得ることができます。


Copyright (C) 2016 ドコモと保険とクロッシー!! All Rights Reserved.

Page Top