ドコモと保険とクロッシー!!

オセロが強くなりたい人や公式ルールなど

オセロの名人である坂口さんや公式ルール、強くなるための方法などをお教えします。
  • HOME

オセロが弱い人の特徴

オセロが弱い人の特徴は、最初からたくさん裏返す人で、全体的に自分のコマを気にしすぎる嫌いがあります。

あまりに神経質な人はオセロで負けてしまいます。

いつもハジッコを陣地にしようとばかり考えているような人は、オセロが弱く、相手よりも先に端を自分のものにしようとしていると、相手がその左右に陣地をとってしまった時には一巻の終わりとなります。

オセロが弱い人は隅を簡単に取られる傾向にあり、相手に隅を取ってくださいといわんばかりに平気で打ってしまうのです。

オセロで勝つには、そこに打たないように心掛けるようにしないといけないのですが、オセロに弱い人は序盤からたくさんひっくり返すことが多く、弱い人は1手先も読んでいません。

やはり何がひっくり返るかくらいは読まないといけません。

オセロが弱い人は単純に言うと、オセロの勝ち方を知らず、先を読む力がないのです。

また、少しでも劣勢になるとすぐに勝負を諦めている人が多く、そういう人は何年オセロをやっても上達しません。

オセロで強くなりたいなら、最初は弱くてもどんなに踏まれても絶対に勝負を諦めないことです。

オセロを強くなるためには

オセロを強くなるためには、序盤にとりすぎないことです。

オセロの勝ち負けは最後までわからないので、ひたすら石をひっくり返しているだけでは相手に多くの石をとられることになります。

最後にどんでん返しをくらわないよう、常に先をみこして進めて行く必要があります。

そしてできるだけ端を押さえるようにすることです。

オセロで強くなるには、端を押さえるということを忘れてはいけません。

端を押さえれば一度に多くの石を返すことができるので形成を逆転することが可能になります。

端は横からしか返されないので有利な箇所であることを覚えておきましょう。

オセロは打てる箇所が多いほうが有利になるので、序盤に石を取りすぎないことです。

自分の打てる場所を多く残していると、終盤うちやすくなります。

四隅は譲れないというのもオセロで勝つための鉄則になります。

四隅を取られてしまうとオセロに負けてしまうので、四隅は確定石と呼ばれています。

確定石をどれだけ取れるかで勝敗が決まるので、オセロで強くなるには、四隅は譲らないようにしなければなりません。

坂口和大の凄さ

坂口和大の凄さは、オセロの達人であるところです。

オセロ連盟公認指導員であり九段を取得しています。

また、16期と21期に名人位となっています。

坂口和大は単なるオセロプレイヤーではなく、全日本、名人戦など、過去にタイトルを何度も獲得している実績があります。

また2005年には自身のオセロ本を出版していて、美学のオセロは話題になりました。

坂口和大はオセロ名人として知られている人ですが、多面打ちイベントなども多数開催していて、千葉工業大学で講演も実施しています。

また、小学校でのオセロ授業なども行っています。

坂口和大の凄さは、人生全てをオセロに賭けているところで、彼自身、2010年に24時間×365日×80年という著書を出版しています。

坂口和大は2008年から毎月カルチャースクールでオセロ教室を開いていて、オセロの勝ち方、オセロのコツを伝授しています。

坂口和大は、人生とは時間との戦いであると言っていて、だからこそ短い人生の中で何かでトップを目指せる時間は尊いと言います。

2度の名人位、そして3度の全日本選手権優勝など、彼のオセロに対する思いは人生に対するそのままの思いなのです。

オセロの公式ルール

オセロの公式ルールは、原則としてすべての対局に対局時計を使用します。

そして対局時計の位置は、対局者相互の中間もしくは対局盤の左右どちらかの側近として、黒を持つ選手が左右どちらに置くかを決めます。

また、対局は時計が静止した状態から、白の選手が自分のボタンを押すことでスタートすることになっています。

対局者は着手を完了するたび自分の時計のボタンを押さなければなないのですが、次の相手番がパスになる場合は、互いにボタンを押すのを省略できます。

オセロの公式ルールとして初期配置があり、これはゲーム開始時の石の配置が支持されています。

黒白 2 個ずつクロスさせて、黒が左手前になるように配置するのがルールと定められています。

そして黒が先手になるので、一手目を打つのは黒になります。

打てる箇所がない場合はパスすることができ、パスは何回でも出来るのですが、何回もパスをさせられるようなゲームは大抵負けることになります。

オセロには、打てる箇所がある場合は必ず打たなければならない着手というルールがあり、盤上のマスに故意に触れた場合、そこに打たなくてはいけません。

そして盤面が全て埋まったらゲーム終了となります。


Copyright (C) 2016 ドコモと保険とクロッシー!! All Rights Reserved.

Page Top