今人気のVTuberだけどやはりだめな人もいるわけで!

色々なアバターを使って、動画界で活躍しているのがVTuberたちです。

今や人気はバーチャルの世界を飛び出すほどになり、ファンも増加する一方です。

でも逆に、どうも馴染めない、ちょっと気持ち良くないんだけど、と言う声もあるのです。

大体VTuberって

VTuberとは、バーチャルYouTuberのことです。

2Dもしくは3Dのアバターを利用して活動している、YouTuberのことですね。

2017年辺りから、人気が爆発しその後どっとVTuberを名乗る人が増加していきました。

アバターを利用して、と言うところが投稿者にも視聴者にも新鮮に映ったのでしょう。

あっという間にネット界の人気ものになっていったのです。

それまでのYouTuberの場合、顔はあくまでも出さないでというスタンスでの投稿もできました。

声と字幕だけで、と言う活動もできたのです。

しかし視聴者に対するアピールには、どうしてもいささか欠けるところがありますね。

そんな問題も、VTuberをというジャンルなら解決ができたのです。

結果、今やネット界の花形ともなったVTuberなのです。

VTuberとして活躍している人の中には

最初から特に、顔出しはしたくないしでもアバターならということでスタートする人もいます。

中でも、リアル社会である程度顔が知れている人の場合、このアバターというのは大きな助けになってくれました。

アバターを使えば、リアル社会の自分の生活や立場にとらわれずに、動画を制作して投稿ができると言うメリットで、VTuber活動を始めた人もいるのです。

またアバターを使うことによって、普段とはまるで違う自分になれる、ということを楽しんでいる人もいます。

普通のおじさんだけど、でもバーチャル世界では可愛い女の子のアバターで、その気分で動画作成などという人もいます。

どうせ画面で見るなら可愛い女の子のほうが、制作している自分も楽しいと言う感じです。

ネットゲームでもよくある、自分は男だけど動かすキャラは女性の方が楽しいというのと似たようなものです。

また憧れの、押しに似せたアバターで気分よく動画を、と言う人もいますね。

押しになって、動画世界で活躍したいというタイプです。

ある程度ジャンルによって、アバターを使い分けている人もいます。

理由は様々ですが、ちょっと何時もと違う自分になりたい、演じてみたいという人には普通のYouTuberよりもおすすめなのは確かです。

リアルの自分に遠慮して、これまで動画制作が出来なかった人には、本当にありがたいアバター利用の動画制作ですね。

とは言ってもどうにも性が合わない人もいるわけで

しかしこのVTuberに関する口コミを見ていると、賛成派だけでないのもわかってきます。

言い方は悪いですが、どうしても気持ち悪くて馴染めない、と言う人もいるのです。

中身が見えないので気持ちが悪い

普通のYouTuber等の動画作成の場合、声をそのまま出していれば性別だけは判別します。

またボイスチェンジャーを使っていても、何となく喋り方で性別や年齢層など判別もしてきます。

しかしアバターを使って、しかも近年ではボイスチェンジャーで声まで変化させているのが、VTuberです。

こうなると、中の人がどんなタイプなのか、性別がどうなのかもわかりづらくなります。

まあある程度見ていると、何となくわかってくるのは事実です。

でもこれが、どうしても馴染めないという人もいるのです。

かわいい美少女のアバターの中身が、おじさんかもしれないと思っただけで、もう鳥肌と言う口コミもあります。

夢で終わらせられずに、裏を見てしまう人だとどうしても、馴染めないということですね。

なりきりすぎてダメ

淡々と動画を進めていくVTuberもいますが、アバターと同化して動画制作をするVTuberもいます。

美少女ならそれなりにだけでなく、美少女になりきって動画を進めていくタイプです。

これがどうしてもダメだという口コミもあります。

もちろんある程度のなりきりは必要だとわかっていても、あまりになりきられると引く、というのですね。

それこそ、なりきりが過ぎて演技がうますぎて、本当の美少女だという感覚で見続けていて、ある日その夢が破られたのがトラウマになってしまったと言うタイプです。

この手のVTuberの場合、そこまで思い込んでくれたというのは当人には誇らしく、演技に自身が持てるでしょう。

しかし信じ込んでした身にとっては、もうVTuberなんて信じられない、と言う状態になってしまうのです。

ある意味こういったタイプの視聴者は逆に、なりきりタイプのVTuberになれる可能性が、無いとは言えませんね。

信じ込めるということは、VTuberになったら演技にのめり込めるタイプ、ということでもあるのです。

まとめ

人間だれにでも好みというものがあります。

今人気のグループにしても、こうしたVTuberにしてもどうしても受け入れられないという人もいるのです。

この魅力が何故わからないのだろう、と不思議に思うかもしれませんが、そのあたりは互いの好みということで尊重し合いたいものですね、