VTuberとは何かを3つの角度から理解して有効活用しよう

VTuberという名前を聞いたことがあっても一体何なのかがわからないという人もいるでしょう。

個人としても企業としても知っておくと良いものなので、有効活用できるようにするという視点で3つの角度からVTuberについて紹介します。

VTuberとは何か

始めにVTuberとは何かを詳しく理解しておきましょう。

基本的な定義から活動の方法、VTuberになるために必要なスキルについて紹介します。

VTuberの定義

VTuberとはVirtual YouTuberの略称で、日本語でもしばしばバーチャルユーチューバーと呼ばれています。

YouTubeのサービスを使用して音楽や映像の配信をしている人をYouTuberと言いますが、その中でもバーチャル技術を活用している人のことを指します。

バーチャル技術としてVRと略されるバーチャルリアリティーが典型的なものですが、基本的には3Dの映像技術を活用しているのが共通点です。

特にVTuberの場合には3Dで作成されたキャラクターを用いた映像と合わせて音楽を配信するというケースが多くなっています。

もともとはVTuberは個人でしたが、近年になって企業がVTuberとして活動することも増えていて、広義では個人と企業の両方を指します。

VTuberの典型的な配信方法

VTuberが活動するときにはYouTubeのユーザーとして音楽と映像により作られたファイルをアップロードして配信するのが基本です。

音楽については録音したものを用いることも、コンピューター上で作成したものも用いることができます。

しかし、VTuberの使う映像は撮影したものではなく、CADなどの技術を用いて制作されたものを用います。

スライド形式でいくつかの3D画像を組み合わせることにより作成しているケースもありますが、3Dアニメーションを用いて魅力的な映像を作り上げているケースが大半を占めています。

VTuberに必要なスキル

VTuberとして活動するためには3Dを駆使できる画像または映像の作成スキルが求められます。

この部分を外注して音楽をメインにして配信している事例もありますが、何らかの方法で魅力を訴えかけられる3Dの画像や映像を作成できることが必要です。

映像をメインにしない場合には楽曲の作成スキルが必須になり、歌唱力や作曲技術などが求められることになります。

VTuberの活動はマーケティングになる

VTuberを有効活用するにはどうしたら良いのかと考えたときに、マーケティングという視点を持つのは大切です。

VTuberの活動はマーケティングに活用できるので、手法としてどんな特徴やメリットがあるのかを確認しておきましょう。

姿を見せずにマーケティングが可能

YouTubeによるマーケティングは以前から行われていますが、VTuberとして活動すると自分自身の姿を見せずにマーケティングできるのがメリットです。

声や楽曲を売りにしたいというときには特に個人情報が流出する懸念を抱かずにマーケティングができるのがメリットでしょう。

キャラクターを活かしたマーケティングが可能

アピール力のある3D映像を使うのもVTuberの特徴で、魅力が大きい映像を配信できることからマーケティング効果が大きくなると期待できます。

特にオリジナルキャラクターを使った映像配信によるマーケティングはよく行われていて、ゲームやアニメの宣伝では人気キャラクターが使用されています。

同人誌や同人ゲームの宣伝広告にもよく活用されるようになっていて、VTuberとして配信した映像が話題になったお陰でキャラクターそのものが人気になっているケースもあります。

VTuberの成功事例とは

VTuberの有効活用をするためには成功事例について知ることも大切です。

個人としてVTuberになるか、企業がVTuberとして活動するかによって状況が異なるので、それぞれについて概要を説明します。

VTuberとして個人がデビューしたケース

個人の成功事例としては音楽配信のケースが目立ちます。

作詞作曲した音楽に合わせてオリジナルキャラクターを活用した映像を配信することで多くの視聴者を集めるのに成功しています。

結果としてその配信をしていた個人がスカウトされて歌手としてデビューしている事例もあるのです。

一方、アニメーターとしてスカウトを受けて成功している事例もあります。

3Dの映像を配信するのに力を注ぎ、多くの人からの注目を浴びてブログやSNSで話題が沸騰した結果として企業から注目されたというのが典型例です。

この他にも声優やコンポーザーとして成功している事例もあります。

VTuberの活動を通して企業が成功したケース

企業がVTuberとして成功した事例としては、企業のオリジナルキャラクターを作成してマーケティングに使用したケースがほとんどです。

オリジナルキャラクターを使って企業のブランディングに活用し、知名度の低かった中小企業やベンチャー企業が注目を浴びるようになったという事例が多くなっています。

また、ゲームやアニメの宣伝にも積極的に活用されていて、ウェブ広告やSNS広告との併用によって市場拡大に成功した企業も少なくありません。

有名クリエーターとのコラボレーションにより話題に上るようになり、無名の企業が一転して人気のブランドとして知られるようになった事例もあります。

このような成功事例からブランディング戦略としておすすめできます・

まとめ

VTuberとはYouTubeのサービスを活用して音楽や映像を配信する個人や企業のことで、特に3Dを用いたキャラクターを使用しているのが特徴です。

マーケティングに有効な方法として成功事例も多いので、積極的に活用することを検討してみましょう。