VTuberになるための方法とおすすめの2Dや3DVTuber配信アプリ

VTuberを見て、いつか自分も配信したいと思ったら、2Dや3Dのキャラクターを動かせるVTuberアプリを使ってみましょう。

ここではおすすめのアプリを紹介します。

これらのアプリを使えばVTuberとしてYouTube配信が出来るようになります。

巷で人気のVTuber

動画投稿サイトのYouTubeで配信を行う人をユーチューバーと言いますが、2Dや3Dのアバターを自分の代わりにして配信を行う人、もしくはそのキャラクターをVTuberと言います。

自身が顔を出して配信するのも良い方法ですが、自身の容姿によって視聴者が増えたり減ったりすることもあります。

VTuberとなって動画配信をする方法なら、かわいい女性のキャラクターや男性のキャラクターに自身がなりきって配信できますので、容姿による成約を受けずに気軽にYouTuberになれるのが大きな魅力です。

また、アバターを使って配信をするので顔出し不要なところもメリットとして挙げられます。

2Dのキャラクターを動かしてVTuberになる方法

VTuberは2Dと3Dのタイプがありますが、2Dのキャラクターを動かす場合は、専用のソフトを使って動かすケースが多いです。

よく使われる専用ソフトに付いて解説します。

Live2D

自身が描いたイラストを簡単に動かせるのがLive2Dです。

イラストを変形パスやデフォーマを使って変形させたり、モーションを付けて、まるで生きているかのように表情を付けたり出来ます。

Live2D自体は有料のソフトで、VTuberとして利用されている他に、ゲーム業界などでも活用されています。

ソフト自体は有料ですが、肝心のLive2Dで動かすキャラクターについてはフリーのものもいくつかあったりしますので、VTuberになりたい方はLive2Dもおすすめです。

Adobe Character Animator

Live2Dの場合は予めモーションを自分で作って動かすことが多いですが、Adobe Character Animatorはリアルタイムアニメーション制作が可能です。

顔や体の動きをそのまま読み込んで、イラストにアニメーションとして反映させられます。

こちらも有料で利用するためにはサブスクリプションに申し込む必要があります。

Live2Dとはまた違った動きのあるアニメーションを作って、VTuber活動をしたい方におすすめです。

3Dのキャラクターを動かしてVTuberになる方法

2Dキャラクターを動かしてVTuber活動を始めるのは、有料ソフトを使わなければ難しいことも多いですが、3Dキャラクターを使う方法はそれよりももっと簡単で無料で出来たりします。

特に注目なのはVTuberアプリです。

イラストを描いたり、3DCGモデルを自身で作成しなくても、予め用意されているキャラクターを使って動画配信が出来ます。

また、アバターとなるキャラクターも、衣装を買えたり出来ますし、背景も自由自在に変更出来るアプリもあります。

アプリ自体は沢山ありますのでいくつか紹介します。

カスタムキャスト

スマホひとつで始められる敷居の低さが売りのVTuberアプリがカスタムキャストです。

PCも知識も何も無いと方はカスタムキャストでVTuber配信用の映像を作ってみましょう。

また、配信して楽しむ他に、アバターを色々と着せ替えて楽しむという遊び方もあります。

FaceVTuber

パソコンとWEBカメラを持っている方は、フェイストラッキングという技術を使って、オリジナルモデルを動かすことが可能です。

予め用意されているモデルを使うことができるだけでなく、自身でMMDモデルを作成して動かせるのがFaceVTuberのメリットです。

3Dの素体を作れる技術があり、自分が作ったモデルを動かして、VTuberになりたいという方におすすめのアプリです。

Vカツ

PC向けの人気VTuberアプリがVカツです。

その名の通りVTuber活動を応援してくれるアプリになっていて、キャラクターの作成からモーション付け、更には表情付けまで色々な機能が付いていて、基本的に無料で利用することが出来ます。

スマホでVTuber活動をするのも良いですが、スマホの場合マシンのスペックの問題があったり、アプリの容量的な問題がありカスタムがしにくいので自由さを求めるならVカツアプリを使ってみるのも良いでしょう。

話すだけでも良いVTuber

自身で外に出かけて、そこで動画撮影をして編集してYouTubeへアップロードしなくて、VTuberになれば自宅で簡単にYouTube配信ができます。

また、VTuberの基本はトークがメインになっていますので、トーク力がある方はVTuberに向いています。

動画作りをしたいけれど良いネタが思い浮かばない人、顔出し配信が嫌な人、面倒な編集をしたくない人にVTuberは最適です。

まとめ

技術がまだ未熟だった頃のVTuberは、それを作るのにかなりの苦労があったり技術が必要だったりしましたが、今は昔と比べてかなり簡単になっています。

専用アプリを使えば今直ぐにでもVTuberになりきって配信が可能ですので、アプリを活用してVTuberになりきって配信を楽しみましょう。